法話集

2016/02/17
涅槃会に因み
カテゴリー:法話集

お釈迦さまが亡くなられた命日の2月15日は多くの寺院で涅槃図を掛け、涅槃会法要が営まれます。

涅槃図の中央には黄金色に輝くお釈迦さまが枕を北にして臥せられ、その周りには嘆き悲しむ天の神々、菩薩、弟子たちが画かれています。お釈迦さまのお顔だけは、穏やかな微笑みを湛えておられます。お釈迦さまのお顔を如何に安らかな表情に描くかが、絵師の腕の見せ所と言われております。

お釈迦さまの最後の説法に基づく「遺教経」というお経があります。その初めの部分に、「度(ど)すべき所の者は皆已(すで)に度しおわって沙羅双樹の間に於て、将(まさ)に涅槃に入りたまわんとす」という箇所があります。
「私は人々に教えを説き、悩みや苦しみのない安らかな悟りの世界に導いてきた。今は一切の思い残しもなく、沙羅双樹の樹の下で安らぎの世界に入ります」という意味です。更に「遺教経」の中に、「為(な)すこと無(の)うして空(むな)しく死せば、後に悔いあることをいたさん」とも述べられております。
「やるべきことをせずに空しい生き方ばかりしていたのでは、いよいよこの世からお別れするときに後悔しますよ」と喚起しております。

お釈迦さまの穏やかな微笑みは、成すべき事を全て精一杯やり遂げた思いから生じているのでしょう。

曹洞宗を開かれた道元禅師は「学人(がくにん)は必ず死ぬべき事を思うべし」と言われております。仏道を学ぶ者は、人は間違いなく死ぬのだと言うことをよくよく考えなさいという意味であります。

私たちはこの世に生きているのは当然で、死ぬのは運が悪いというか、偶然であると思ってはいないでしょうか? その証拠に、人が亡くなると「まさかあの人が」とか、「運が悪かった」と思いがちです。
しかしながら、よくよく考えてみると、実は生きていることは、様々な縁に恵まれての偶然であり、死ぬことは必然なのです。まさに「生は偶然、死は必然」ということであります。

曹洞宗でよく読まれるお経に修証義というお経があります。その中に「人身(にんしん)得(う)ること難(がた)し」という一文があります。私たちが今、人として生まれ、今このように生かされていることは、有ること難し、偶然の上にも偶然が重なった結果なのです。

私たちが生まれるためには必ず父親と母親がおります。そして、父親と母親にはそれぞれ2人づつの親、即ち4人の祖父母が、4人の祖父母には8人の曾祖父母が8人の曾祖父母には16人の曾々祖父母が、そうしますと一代さかのぼる毎に倍ずつ、2人,4人,8人,16人,32人,64人,128人,256人,512人・・・・と倍々と増えていきます。

十代さかのぼると(一代を仮に25年と計算すると250年位前)1,024人の先祖が、二十代さかのぼると100万人、三十代さかのぼると(約750年位前)と、何と10億の先祖がなければ今の自分がないということになります。

皆様の先祖がその時その時代を一生懸命生き、命が連綿として引き継がれて来たお陰なのであり、一人一人の身体にはそれだけ沢山の先祖の血が、命が受け継がれているのです。その中のたった一人でも欠けると今の自分が無いことになります。
まさしく「人身得ること難し」であります。ですから。今ここに生きておるということは本当に難値難遇の出来事であり、「有ること難し」なのであります。

涅槃会に因み、、改めて命というものを見つめ直し、今を生かされている自分、今を生きている自分を自覚し、一時一時を、日々を一生懸命に、そして丁寧に生き切るということを誓いたいものであります。

最後に、涅槃図のお釈迦さまのお姿を自分の亡くなった時の姿に置き換えて見て下さい。

その時に、自分が微笑んで、周りが悲しんでくれているでしょうか?

それとも、自分が死にたくないと嘆き悲しんでいるのに、周りが笑っている・・・・。それでは、あまりにも寂しい人生ですね。

お釈迦さまのように自分が微笑み、周りが嘆き悲しむような生き方を
当寺の涅槃図
2015/11/18
欲張りすぎた蚊(か)
カテゴリー:法話集

今年の大本山参拝旅行(10月26日~29日)の二日目の事であります。旅行先のホテルに宿泊したのですが、夜中にかゆみと「プーン、プーン」という蚊の音で目が覚めました。何とか我慢しようとしたのですが、相手は相当の数、とうとう我慢できず、電気を付けて、蚊の退治をしようとしたのでした。蚊は開いていた窓から侵入したようで、恐らく従業員が閉め忘れたのでしょう。

蚊を探し始めたのですが、部屋が明るいと、どこかに身を潜めるのか、なかなか見つけることができません。そのうち、何気なく足下の白いシーツに眼を落とした時、真っ赤な点状のシミがあるのに気が付きました。よく見ると、それは一匹の蚊で、飛べないでもがいていたのでした。よほど私の血が美味しかったのか、あまりにも欲が張っていたのか、お腹をパンパンにしていたのでした。

生きる上では、ほどほどの欲は必要です。しかし、度が過ぎて、欲張りすぎると身を滅ぼすと言われます。正に、その蚊は欲張りすぎて、身を滅ぼしてしまったのです。

江戸時代後期の禅僧良寛さんの俳句に「ほろ酔ひの 足もと軽し 春の風」というのがあります。私はこの歌の真意を「お酒を飲んでも飲まなくても、心はいつもほろ酔いの如くに広々として、小さな事には囚われず、身も心も軽やかにして、春風のような暖かい気持ちで過ごしましょう」と捉えております。

それにしても、お酒でもほどほどのほろ酔いで止めるというのはなかなか難しいものであります。私などは、飲むと「二日酔 足もと重し 次の朝」となってしまいます。お酒に限らず、何事も度を過ぎないように、ほどほどで暮らしたいものでありあます。

2015/09/08
ひと言が極楽浄土に変える(あるバスの中で)
カテゴリー:法話集

暑さ寒さも彼岸までと言うように、あの猛暑が嘘のように過ごしやすい季節となりました。彼岸は昼と夜の長さが同じになる日で、太陽が真西に沈む日でもあります。昔の人は太陽が沈む真西に、御先祖さまが住む極楽浄土があると考え、これが先祖供養と結びついて、彼岸の行事が行われるようになったのです。

さて、だいぶ前ですけれども、ある女子高生が新聞に投稿されておりました。題は「バスの中で」です。

〘バスの中で、突然、サイレンがなり出したような声が響きわたった。その声のする方に顔を向けると、そこには若い母親に抱かれた真っ赤な顔をした赤ちゃんがいた。赤ちゃんはなかなか泣き止まない。むしろ、泣き声は一層激しさを増したようだ。さっきまで隣で楽しそうに話し合っていた男の子2人組も、次第に、「うるせいなあ!」と繰り返し、周りのおばさんたちは「眠たいのよ、きっと。泣かせておけば」と言いつつも表情は硬かった。

私自身も、心の中は、汚い気持ちでいっぱいになっていた。「早く降りないかなあ。なんで泣くの。お母さん何とかしてよ」というのが偽らない本音であった。

赤ちゃんは、泣き止むかと思えば、また、泣き始め、泣きじゃくった。その度に若い母親は、半分涙声で、「泣かないの、泣かないの」と繰り返すばかりで、その声さえも耳ざわりになっていた時である。

「泣かせておきなさい、そのうち泣き止むんだから」。その声はバスの運転手さんであった。彼の声はすっかり赤ちゃんの泣き声に占領されていた車内に一条の光を照射するように、そして、こう続けられた。「誰でも赤ちゃんだったんだよ。みんな他人に迷惑をかけて大きくなったんだから遠慮なんかすることはないよ」。

私は、その言葉にハッと我に返ると同時に、とても自分がちっぽけで、自分勝手で情けない人間だと思い、恥ずかしさに身の縮む思いであった。そして、自分がここにこうしていることを、誰の手も借りずに、一人で成長してきたかのように勘違いしていたことを思い知らされたのである。

申し訳なさそうに小さくなっている母親の顔を見ていると、知らず知らずのうちに、目頭が熱くなっていくのをどうしようもなかった。たった一言が人を傷つけたり、励ましたりするもんだなあと実感した〙。

針のむしろに座らされた心地であったでありましょう母親は、運転手さんの一言で救われ、また、乗客の方も女子高生と同じように、自分たちのトゲトゲとした心の狭さに気づかされ、きっと穏やかな気持ちに変えさせられたと思います。まさに、その一言がバスをトゲトゲした地獄の世界から、優しさに包まれた極楽浄土に変えたと言えましょう。

私たちも、たった一言が、ただ一つの振る舞いが、その場を極楽にも地獄にも変えうるということを肝に銘じ、言葉を発し、行動したいものであります。

2015/08/23
生まれるときは泣いて、死ぬときは?
カテゴリー:法話集

私たちは「オギャアー」と泣き、「オギャアー」の「ア」で息を吐いて生まれ、「ウン」で息を引き取ると言われています。この「ア」と「ウン」を漢字で表すと「阿」、「吽」であります。ですから、「阿」は口を開いて最初に出す音、「吽」は息を引き取る時の声と言えます。私たちは「阿」で息を吐き、「吽」で息を吸い込む「阿吽」の呼吸の中に生きているのです。「吽」で吸った息が出せないと、即ち、息を引き取ったままになり、臨終となるのです。

さて、ロシアの古い諺(ことわざ)に、「生まれてくるときは、泣いて生まれてくるが、周りの人たちは笑って祝福してくれる。死ぬときは、自分が笑って、周りの人たちが嘆き悲しむ。そのような生き方をしなさい」と。

それが逆だったらどうでしょうか?「死ぬときは、自分が嘆き悲しみ、周りの人たちが陰で笑っている」。あまりにも寂しい人生ですね。

いつだったか、NHKテレビ「臨死体験・人は死ぬとき何をみるのか」という特別番組が放映されました。それは、「死」を余儀なくされた人々が、奇跡的に死の淵から生還した体験を取り上げた番組でした。死の淵をさまよい歩いているときに、何とも言えないきれいなお花畑で亡くなった御先祖さまに会ったり、あるいは自分の一生を、幼い頃から死のその瞬間までに経験した様々な思い出が走馬灯を見るが如く思い出されたと言うような証言でした。

実はこのような体験をされた方から直接お話を聞く機会がありました。タクシーに乗った時の事です。「お客さんは和尚さんですか?実は不思議な体験をしたのです」とドライバーさんが話しかけてきました。

「ある冬の夜、お客様を降ろして帰る途中、雪道で車がスリップして崖から落ちたのです。もう助からないと思った瞬間、ほんの数秒にも満たない時間だと思うのですが、自分の一生が瞼に浮かんだのです。幼い頃、少年時代の頃、親や兄弟など懐かしい顔が映画のシーンでも見ているかのように鮮明に見えたのです。そして、父親として夫として、何もしてやれなかった残される子供や妻の幸せを願ったのです。幸いにも、落ちたところは雪が深く積もっていたので、たいした怪我もなく済みましたが、今は妻や子供をはじめ多くの方々との出会いの縁を大切にするようになった」と言うような内容でした。

人は亡くなる瞬間に、自分の一生を走馬灯のように見るのであれば、納得のいく、悔いのない生き方が出来ればと思います。

この世に何の未練も残さないで、「我ながら良くやったと、自分を愛おしく思い、縁ある方々にお陰様にていい人生を過ごさせて頂きました、一足お先に行ってますよ」と感謝の言葉を述べ、笑顔で合掌し、息を引き取りたいものあります。

「朝は希望に起き、夜は感謝に眠る」 日暮を!

 

2015/08/15
学ぶは真似ることから
カテゴリー:法話集

お盆は亡き人を偲び感謝のまことをささげる大切な行事です。お墓で静かに手を合わせると、亡き人の懐かしいお顔が浮かんでまいります。今を生きている私たちは御先祖さまの生き方から多くの事を学んで、それを子や孫に伝えていく役目を担っております。

「学ぶ」は「学(まねぶ)」と同源とあります(日本国語大辞典 小学館)。学(まねぶ)は「手本にして真似る」という意味です。子どもは言葉や振る舞い、考え方など親の真似をして育ち、人格を形成していきます。

修行道場では、お釈迦さまや曹洞宗を開かれた道元禅師さまの教えや、行いを日々真似ることの繰り返しです。私が本山永平寺に修行の為に上山した時、最初に徹底的に教え込まれたことが、行住坐臥(ぎょうじゅうざが)でした。坐禅の仕方はもちろん、食事の作法、東司(便所)の作法、入浴の作法、歩き方までが事細かに決められており、先輩の修行僧の真似をして覚えていったのです。

大本山永平寺七十八世故宮崎奕保禅師は次のように諭されております。「真似が一日続いたら一日の真似、二日やったら二日の真似。それが一生続いたら、もう本物になる」と。

形が整えば、それに伴い心も必ず整います。

朝、仏壇の前で背筋を伸ばし、深く呼吸をして、姿勢を正して、真っ直ぐに線香を立てて合掌する、日々繰り返すうちに、心が正しくなり、行いが正しくなります。その姿を子や孫が真似して身に付けていくなら、人生の大きな宝となるでありましょう。

1 / 41234