ブログ

2015/09/28
秋のペット供養祭
カテゴリー:ブログ

昨日、恒例の秋のペット供養祭が行われました。供養祭には30組以上の家族が参加され、ワンちゃん同伴の方も多く見られました。住職が読経する中、在りし日の懐かしい姿を思い浮かべて焼香されておりました。

大切なペットの死に対して、手を合わせて焼香する。それは、単なる形式ではなく、「生死の区切り」を明らかにする行いでもあり、死を受け容れ、歩みを一歩一歩前に進める為にも必要で大切な儀式であると思います。

当寺では春と秋の2回、合同供養祭を行っております。供養を通じて、少しずつでもかまいませんので、ペットの死を受け容れて、前を向けるようになって欲しいのです。

住職読経
秋のペット供養祭
在りし日の姿を思い、手を合わす
お焼香する参加者
他のワンちゃんと触れ合うことで癒やされます
ペット同伴の参加者