ブログ

2017/04/24
桜花爛漫の境内
カテゴリー:ブログ

境内の桜が見頃を迎えています。ソメイヨシノやしだれ桜が咲きほこり、正に春爛漫の好時節です。

「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」

季節が巡ってくると、毎年同じように花は美しく咲くが、それを愛でる人たちは同じではない。悠久な自然と人間の命のはかなさを対比させた句であります。

今今と今という間に今ぞ無く 今という間に今ぞ過ぎ行く」という道歌があります。それ故に私たちは、日々時々を丁寧に生きて、一輪の花にも、小鳥のさえずりにも無限の慈しみを注いでゆきたいものです。

庫裡の2階から撮影
境内の桜
庫裡の2階から撮影
山門にかかる桜
屋根と桜が互いを引き立てる
本堂前の枝垂れ桜
バックの黒が花びらを引き立てる
枝垂れ桜
桜も種類によって微妙に色が違います
ピンクの枝垂れ桜
手前が井戸の水くみ場、後ろに見えるのが永代供養の庭園墓地
庭園墓地の桜
幾種類かの桜が、それぞれを引き立てます
ペット供養塔を囲む桜。建物は庫裡の後ろ側です
桜に誘われるかのように冬眠から覚める
亀と桜
野々花、ひねもすのたり
野々花もお花見
眠っているペットたちも桜を見上げているでしょう
野々花、ペット供養塔にて
色も大きさも違う凸凹コンビです
野々花、友だちの五郎君と
2匹とも同じ目線、何を見つめているのかな?
先代犬もも子とワンショット