ブログ

2017/09/22
彼岸花
カテゴリー:ブログ

秋彼岸が近づくと、境内に彼岸花が咲き乱れます。別名、曼珠沙華(マンジュシャゲ)ともいわれ、天界に咲く花という意味があります。

私はこの花を見ると、「彼岸花」という童話を思い出します。

平成10年7月25日に和歌山県で毒物カレー殺人事件が起こり、毒物のヒ素で、当時小学校4年生の林 大貴(ひろたか)君の尊い命が奪われました。

大貴のお母さんが、亡き子への想いをつづった「彼岸花」という童話を書き上げました。
「彼 岸 花」    林 有加作

ある年の七月、十才の少年の命の灯が消え、ひとつの魂が生まれました。
短かい命から生まれた小さな小さな魂でした。その小さな魂は、母が恋しくて、神に、もう一度だけ母に会わせてほしいと頼みました。
神は、その純心無垢な魂を不憫に思い、願いを聞き入れてくれました。
そして、神は、こう言いました。
「一日だけ、おまえを人間界にもどしてあげよう。ただし、人間の姿では、もどれない。母が、おまえの姿を見つけ、母の声を聞くことが出来たなら、いつか再び、親子として人間界に生まれかわることを許そう。しかし、母の声を聞くことが出来なかった時には、魂は、消えてなくなってしまうが、それでもよいか?…」
小さな魂は、九月半ば、母との思い出深い彼岸花の姿をかりて、母の住む家の近くの土手に、ひっそりと咲きました。
なつかしい家の窓には、悲しげに外を眺める母の姿がありました。
精一杯、健気に咲く一本の赤い彼岸花に目がとまったのでしょう。しばらくすると、母は、引き寄せられるかのように、ゆっくりと土手の方に近づいてきました。
そして、母は、彼岸花に顔を近づけ、語りかけました。
「もう、彼岸花の季節になったのね…。ひろくんは、いつも、お母さんのために、このお花を摘んできてくれたよね。ありがとう。」
母の目から涙がこぼれ落ち、声にならない声をふりしぼって言いました。
「ひろくん、おかえりなさい。」
そう言って、花をやさしく手で包み込みました。
なつかしい母の声とぬくもりでした。
その母のやさしい声を聞くことが出来た瞬間、<お母さん、ただいま! いつかまた、きっと、お母さんの子どもに生まれてくるからね。ありがとう、お母さん!>
彼岸花は、母の言葉と、いく粒もの涙を花びらで受けとめ、ひとすじの光となり、空に昇っていきました。
母は、空を見上げ、いつまでも祈りつづけました。

境内の彼岸花
境内の彼岸花
別名、曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも言い、天界に咲く花を意味します
別名、曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも言い、天界に咲く花を意味します
野々花に「毒があるよ!」と注意する
野々花に「毒があるよ!」と注意する
彼岸花と野々花
臭いかぎを止めて、こちらを向く