ブログ

2015/09/26
井戸を再び掘る
カテゴリー:ブログ

前回完成した水くみ場ですが、再び工事を始めました。

というのは、汲み出した水に鉄分が含まれるために、お墓などに掛けると茶色に染まる恐れがあり、鉄分のない水を求め、再び突きなおしました。

まず、最初に突いた場所を深く掘り下げて見ましたが、固い岩盤に当たってしまい失敗でした。次に、そこの場所から西南に約25メートル離れた場所を突いてみたのですが、もっと鉄分が多い水が出てしまいました。

三度目の正直となるか、元の場所から北に約10メートル離れた場所を突いてみたところ、鉄分のない上質な水が出たのです。深さは約8メートル位です。ただ、砂が少し混じって出るので、取り出し口に布の袋を付けて砂を除去しなければなりません。それでも、汲み出しているうちに、恐らく砂もなくなるとのことでした。

二度あることは三度あるのか、三度目の正直となるのか心配しましたが、取りあえずうまくいってホットしております。それにしても、地下の見えない所をさぐるのですが、一発でさぐるいい方法はないものでしょうか?

カナケ(鉄分)を含む水かどうかは、お茶の葉を入れると直ぐに解ります。鉄と茶のタンニンが反応して水が黒くなるのです。以前は鉄剤を含んだ薬をお茶と一緒に飲むのは良くないと言われておりましたが、今では気にしなくてもいいとのことです。

簡単に吊り上げられました
完成した水くみ場をクレーンで吊る
僅か離れただけでも、水の質が違うのです
右側;鉄分のある井戸水、左側;鉄分のない井戸水、お茶の葉を入れると解るのです