ブログ

2016/09/30
フラフープで遊ぶ孫と野々花
カテゴリー:ブログ

学校は秋休みということで、盛岡にいる孫たちが遊びに来ました。孫たちはフラフープを見つけると、すぐに遊びはじめました。

フラフープは今は亡きバッハ(ビアデッドコリー)や小梅(コーギー)そしてもも子(ゴールデン)が施設訪問で、輪くぐりのジャンプ用に使用していたものです。

フラフープは約60年前にブームとなり、小学校高学年であった私も遊んだ記憶があり、すぐに回せるものと思い挑戦しましたが、残念、孫たちのように上手に回すことが出来ませんでした。

双子のかれんちゃんと太郎くんが、「ごみを拾う犬もも子のねがい」の裏表紙を飾った(出版社にお願いして使ってもらいました)のは生後10ヶ月でしたので、11才となった孫を見るに月日の経つ早さを実感させられます。

私も挑戦しましたが、ダメでした
フラフープで遊ぶ孫たち
左から、ひかる(7才)、太郎(11才)、かれん(11才)、野々花(1才)
孫たちと野々花。野々花は嬉しくてじゃばけてばかり。
みんなかわいいですね
やっと野々花がカメラ目線となりました
この写真を、本の裏表紙に使ってもらいました。
月日のたつのは早いですね、双子のかれん(左)と太郎(10ヶ月)、そして晩年のもも子(13才)
孫たちにとって、良い記念となりました
「ごみを拾う犬もも子のねがい」の裏表紙
梅ともも子とバッハと双子(6ヶ月)
懐かしい写真。一列に並んだ孫とワンちゃんたち。