ブログ

2016/03/28
もうすぐ春ですね。最後の雪を楽しむワンちゃんたち。
カテゴリー:ブログ

南部方富士とも呼ばれる岩手山(標高2,038メートル)は、3月中旬から末にかけて山頂の雪解けがすすむと鷲が羽を休めている姿が現れます。それ故に岩手山は巌鷲山(がんじゅさん)とも呼ばれています。この鷲の姿が現れると、農家の方々はそろそろ農作業の準備にかかるということです。

境内では春を告げるクロッカスや梅が咲き、桜前線もやがて近づいて来るでありましょう。

お彼岸も終わり、一段落しましたので、我が家のゴールデンの野々花と友だちのコーギーのココロちゃん、ダックスのちゅらちゃんを連れて、岩手県民の森に行ってきました。まだ残雪があり、ワンちゃんたちは最後の雪を楽しんでいました。

岩手県民の森は岩手山の北麓、標高500~1,000mに位置しており、豊かな自然に恵まれた広大な公園で、ワンちゃん連れもよく見かけます。

ほんのりと甘い香りが春を感じさせます
本堂前の梅
霜にもめげずに咲いています。
境内の庭に咲くクロッカス
朝の散歩途中で、遠くに見えるのが岩手山
野々花、岩手山を背景に。
岩手山は巌鷲山とも呼ばれています
頂上付近に現れた羽を広げた鷲の姿。
左がココロ、真ん中が野々花、左がちゅら
岩手県民の森にて遊ぶ
ゴールデンは雪が大好きです
野々花、残雪で一休み
1ヶ月前に病気の為に、脾臓を摘出したとは思えないほど元気です
ココロ
毛に雪玉が出来て歩きにくそうです
ちゅら