住職の徒然日記

2019/04/23
境内の桜が満開

境内の桜が満開となりました。

「世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」

「古今和歌集」の一首で、直訳は「この世の中に 桜の花が咲かなければ、春の季節、人々の心はもっと穏やかに過ごせるものを」。桜の花をこの上なく愛でる心を逆説的に読んだ歌です。

桜の季節になると、「桜はまだか」と気が急きます。咲けば咲いたで、散るのを心配してしまいます。

先のことを心配するより、現に満開に咲いてい桜を愛でましょう。

境内のシダレザクラと本堂
境内のシダレザクラと本堂
樹齢百年以上のソメイヨシノ
樹齢百年以上のソメイヨシノ
山門を覆い尽くす
山門を覆い尽くす
参道より撮影
参道より撮影
野々花にも愛でる心があるのかな?
野々花にも愛でる心があるのかな?
永代供養庭園墓地の桜
永代供養庭園墓地の桜
庫裡の裏側の桜、ペット供養塔も桜で荘厳されます
庫裡の裏側の桜、ペット供養塔も桜で荘厳されます
もも子の像と野々花
もも子の像と野々花
2019/04/18
三春滝桜

春の麗らかな天気に誘われ、一度は見たいと思っていた三春滝桜を愛でてきました。

福島県にある三春滝桜は日本三大桜の一つで、樹齢は千年以上と言われています。無数の小さな紅色の花が滝のように流れ咲く様は見事で、その生命力にも感動しました。

この日は平日であるにもかかわらず、満開という事で多くの見物客で賑わっておりました。

この滝桜の種から育った実生苗を一本購入してきましたので、いつの日か子孫が境内に見事な花を咲かせてくれることを願っています。

満開の三春滝桜
満開の三春滝桜
幹回りは約8メートル。
幹回りは約8メートル。
野々花も桜をバックに記念撮影。
野々花も桜をバックに記念撮影。
上の方から撮影。種類はエドヒガン系のベニシダレザクラです。
上の方から撮影。種類はエドヒガン系のベニシダレザクラです。
菜の花との競演も見事です
菜の花との競演も見事でした。

2019/04/04
「和の精神」で奉納揮毫が行われる
カテゴリー:ブログ

4月3日は聖徳太子の「十七条憲法」制定に因み、全国の19ヶ寺と先の大戦で「命のビザ」を発給し、ユダヤ人六千人以上を救った杉原千畝の功績を讃えた岐阜県の「人道の丘公園」で一斉に世界平和を願う奉納揮毫が行われました。

当寺もその一つに選ばれ、本堂で書家「松本錦龍」氏による揮毫が行われました。

聖徳太子は一度に八人の訴願を同時に聴くことが出来たという事から、当寺の尊像は「八耳聡太子」の尊称があり、「耳の太子」さまと言われ、信仰されています。その耳にちなみ、「耳つぼセラピスト」の吉田由佳様による実演講義が行われ、有意義な時を過ごしました。

本堂に移された聖徳太子像
本堂に移された聖徳太子像
当寺の尊像は「八耳聡聖徳太子」と呼ばれ「耳の太子」さまとして親しまれています
当寺の尊像は「八耳聡聖徳太子」と呼ばれ「耳の太子」さまとして親しまれています
梅花講員による「奉詠
梅花講員による奉詠
勤行中、焼香する書家;松本錦龍氏
勤行中、焼香する書家;松本錦龍氏
参列者の方々にも焼香していただきました
参列者の方々にも焼香していただきました
世界平和を願い「以和為貴、和をもって貴しとなす」の揮毫
世界平和を願い「以和為貴、和をもって貴しとなす」の揮毫
新元号の「令和」の揮毫
新元号の「令和」の揮毫
当寺の蟠龍の文字を入れた揮毫
当寺の蟠龍の文字を入れた揮毫
「耳つぼセラピスト」吉田由佳様による実演講義
「耳つぼセラピスト」吉田由佳さまによる実演講義
耳つぼの図を使って、解りやすく講義
耳つぼの図を使って、解りやすく講義
吉田さまのお人柄によるのでしょう、和やかな雰囲気での実演
吉田さまのお人柄によるのでしょう、和やかな雰囲気での実演
作品を囲んでの記念写真
作品を囲んでの記念写真

 

 

2019/04/01
野々花、雪上で遊ぶ

過日、八幡平市の「岩手県民の森」に野々花を連れ行きました。まだ、雪が沢山残っており、野々花は雪の上で寝転がったりして、はしゃぎ回っていました。

犬は雪を見ると、どうしてテンションが上がるのでしょうか?

この県民の森には約500本もの桜が植えられており、開花すると岩手山や八幡平の山々の残雪との調和が素晴らしく絶好の撮影アングルとなります。また、巨木が寄り添う「夫婦桜」も有名ですので、開花時期には撮影に訪れたいと思います。

友だちのチュラちゃんと
友だちのチュラちゃんと
雪上で寝っ転がる
雪上で寝っ転がる
チュラちゃんも負けじと寝っ転がる
チュラちゃんも負けじと寝っ転がる
フリスビーを追いかける
フリスビーを追いかける
雪上で一休み
雪上で一休み
ポーズを決める
ポーズを決める

 

2019/01/14
水子地蔵さんにお供えの手袋

朝の冷え込みが厳しいこの季節ではありますが、心暖まる光景を見つけました。

境内にある水子地蔵さんに赤ちゃん用の手袋、帽子、靴下が供えられていました。赤ちゃんを亡くした母親が、寒くないようにとお供えしたのでしょう。母親の亡き子に対する愛情がひしひしと伝わってまいりました。

その思いはなき赤ちゃんに必ず通じると思います。供養とは、例えその姿が見えなくても、いつもそばにおわすが如く、心を配ることかと思います。母親の優しさに心が温められました。

見えなくてもお花を供えたい

食べなくてもおいしい物を供えたい

話さなくとも語りかけたい

見えざるものへの真心は美しい

境内の水子地蔵尊
境内の水子地蔵尊
寂しくないようにとお人形さんが、寒くないようにと手袋などが供えられていました
寂しくないようにとお人形さんが、寒くないようにと手袋などが供えられていました
赤ちゃんへの帽子、靴下、手袋。
赤ちゃんへの帽子、靴下、手袋。