住職の徒然日記

2015/07/21
心のゆとり

ある大学で出された試験問題です。ご一緒に考えてみたいと思います。

どんな問題かと申しますと、「風に揺れている電線に、鳥が平然と留まっていられるのはなぜか?鳥の心になって答えなさい」という問題です。

即ち、大嵐の時など大きく揺れている電線に、鳩でも雀でもいいのですが悠然と留まっていられるのは何故か、ということです。

模範的な答えは、「それは鳥の心にゆとりがあるからである。もし振り落とされても、すぐに飛べばいいという絶対の安心感があるからである。」というのだそうです。  なるほどと、頷かされました。

確かに私たちは畳の敷居の上は平気で渡れます。  でも、同じ10センチ位の幅の板が、何十メートルという高い所にあると、どうでしょうか?

落ちると怪我をする、あるいは死んでしまうかも知れない。という恐怖が先に立ち、足がすくんで渡ることが出来ません。

この場合、もし私たちが鳥よ同じように飛べるという「心のゆとり」があれば、平然と渉ることが出来ます。この細い一本の板を私たちの人生の路と考えてみましょう。

私たちはこの一本の板の上を、ある終着駅(死という)に向かって確実に進んでいるのです。 この歩んでいる板の周りからは、様々な快楽の誘惑、あるいは悩み、悲しみ、苦しみの手が伸び、歩んでいる板から引きずり降ろそうとします。
そういう人生にあって、嬉しい時には、素直に喜び、悲しい時、苦しい時は必ずいつしか光が射すことを念じ、じっと耐える。  嬉しいときには有頂天にならず、苦しみの時には打ちひしがれない、そういう「心のゆとり」をもって人生を歩みたいものです。

その為には、生きるための羅針盤が必要であります。それが、宗教であります。
共に正しい信仰に目覚め、深めて行きたいものです。

2013/07/22
ある少年からの手紙

ある日、お寺に一人の少年が二名の教官に伴われ、やって来ました。その少年は間もなく盛岡少年院を出院するので、社会に復帰する心構えを教えて欲しいと言うのでした。

そこで、お釈迦さまのお言葉を引用し、「おのれこそ おのれのよるべ おのれを措(お)きて 誰によるべぞ よくととのえし おのれにこそ まことえがたき よるべをぞ獲(え)ん」と、つまり「自分を依りどころとせよ」と話ました。

あなたが仲間と群れて、集団で人を傷つけているときは、本当の自分を見失い、相手を思いやることのできない自分がいた。今、お寺に来ているあなたは、本来の素直な優しい自分になっている。その整ったおのれを依りどころとして、社会に復帰して欲しいと話したのでした。

お昼になったので、お寿司とケーキを用意しました。少年は美味しそうに食べ、やがてお寺をあとにしました。

後日、少年から手紙が届きました。「過日はお忙しい中、ためになるお話、元気づけられるお話を有り難うございました。私は仏教の本などを読み、学ぶべきものが沢山あると感じました。以前の私は、自分だけ良ければいいという考えでした。でも、これでは人とうまくやっていけるはずもなかったのです。 お昼にはお寿司を頂いて大変恐縮です。一年ぶりのお寿司は本当に美味しかったです。ケーキも四つも頂いて、食べてばかりで申し訳ない気持ちです。私は、もうあと何日かで出院です。社会ではこの少年院生活で学んだ事を生かし、もっと、色々なことを学び、体験し、自分を向上させるよう頑張ります。人に振り回されずに、自分を整え、自分を依りどころとして、自分の道を歩きます。有り難うございました」。私はこの手紙を読んで、その少年は立派に更生しているものと信じております。

30 / 30« 先頭...1020...2627282930