法話集

2015/09/08
ひと言が極楽浄土に変える(あるバスの中で)
カテゴリー:法話集

暑さ寒さも彼岸までと言うように、あの猛暑が嘘のように過ごしやすい季節となりました。彼岸は昼と夜の長さが同じになる日で、太陽が真西に沈む日でもあります。昔の人は太陽が沈む真西に、御先祖さまが住む極楽浄土があると考え、これが先祖供養と結びついて、彼岸の行事が行われるようになったのです。

さて、だいぶ前ですけれども、ある女子高生が新聞に投稿されておりました。題は「バスの中で」です。

〘バスの中で、突然、サイレンがなり出したような声が響きわたった。その声のする方に顔を向けると、そこには若い母親に抱かれた真っ赤な顔をした赤ちゃんがいた。赤ちゃんはなかなか泣き止まない。むしろ、泣き声は一層激しさを増したようだ。さっきまで隣で楽しそうに話し合っていた男の子2人組も、次第に、「うるせいなあ!」と繰り返し、周りのおばさんたちは「眠たいのよ、きっと。泣かせておけば」と言いつつも表情は硬かった。

私自身も、心の中は、汚い気持ちでいっぱいになっていた。「早く降りないかなあ。なんで泣くの。お母さん何とかしてよ」というのが偽らない本音であった。

赤ちゃんは、泣き止むかと思えば、また、泣き始め、泣きじゃくった。その度に若い母親は、半分涙声で、「泣かないの、泣かないの」と繰り返すばかりで、その声さえも耳ざわりになっていた時である。

「泣かせておきなさい、そのうち泣き止むんだから」。その声はバスの運転手さんであった。彼の声はすっかり赤ちゃんの泣き声に占領されていた車内に一条の光を照射するように、そして、こう続けられた。「誰でも赤ちゃんだったんだよ。みんな他人に迷惑をかけて大きくなったんだから遠慮なんかすることはないよ」。

私は、その言葉にハッと我に返ると同時に、とても自分がちっぽけで、自分勝手で情けない人間だと思い、恥ずかしさに身の縮む思いであった。そして、自分がここにこうしていることを、誰の手も借りずに、一人で成長してきたかのように勘違いしていたことを思い知らされたのである。

申し訳なさそうに小さくなっている母親の顔を見ていると、知らず知らずのうちに、目頭が熱くなっていくのをどうしようもなかった。たった一言が人を傷つけたり、励ましたりするもんだなあと実感した〙。

針のむしろに座らされた心地であったでありましょう母親は、運転手さんの一言で救われ、また、乗客の方も女子高生と同じように、自分たちのトゲトゲとした心の狭さに気づかされ、きっと穏やかな気持ちに変えさせられたと思います。まさに、その一言がバスをトゲトゲした地獄の世界から、優しさに包まれた極楽浄土に変えたと言えましょう。

私たちも、たった一言が、ただ一つの振る舞いが、その場を極楽にも地獄にも変えうるということを肝に銘じ、言葉を発し、行動したいものであります。