ブログ

2018/09/29
秋のペット合同供養祭

彼岸中の24日、ペット合同供養祭が行われました。

愛する家族同様のペットを失う事はとても辛く悲しいことです。悲しみが大きくなる一つに自責の念があります。

「あの時こうすれば、良かった。飼い主として、十分な事をしてあげられたのかな」等と後悔することがあります。

私たちの一生というのは、後悔の積み重ねかもしれません。でも、後悔を重ねた分、人にもペットに優しくなれるものと思います。

亡くなったペットに手を合わせ、ペットとの楽しい思い出に浸ることは、飼い主にとって何よりの癒やしとなり、安らぎとなるでありましょう。

今回の法話では詩人で書家の「相田みつを」さんの詩を紹介しました。

あなたが そこに ただいるだけで、その場の空気が明るくなる。
 あなたが そこに ただいるだけで、みんなの心がやすらぐ。
そんな あなたに私もなりたい」。

ワンちゃんやネコちゃんはそこに居るだけで回りが明るくなり、心が安らぎます。
私たち人間も、そのような人になりたいものであります。

供養塔前にてお経をあげる
供養塔前にてお経をあげる
亡くなったペットの名前を読みあげる
亡くなったペットの名前を読みあげる
お焼香する参列者
お焼香する参列者
手を合わせることによって少しずつ悲しみが癒される
手を合わせることによって少しずつ悲しみが癒されます
亡くなったペットも喜んでいることでしょう
真心のこもった追慕は必ず通じます。亡くなったペットも喜んでいることでしょう
法要後に法話をする
法要後に法話をする
新しい家族を連れて来ました
新しい家族を連れて来ました
ワンちゃんにも新しい出合いがありました
ワンちゃんにも新しい出合いがありました
この日は中秋の名月で、果物などをお供えしました。曇り空でお月様は見えませんでした
この日は中秋の名月で、果物などをお供えしました。曇り空でお月様は見えませんでした
野々花は発情中で、法要には顔を出せませんでした
野々花は発情中で、法要には顔を出せませんでした