ブログ

2018/08/20
無縁塔、水子地蔵尊供養

毎年8月第1土曜日は無縁塔、水子地蔵尊の供養が行われます。

この日は暑い中、読経、御詠歌を奉詠して、無縁仏と水子供養のお勤めがなされました。

無縁塔には沢山の無縁墓が安置されておりますが、本当に縁が無い仏さまなのでしょうか?

自分の先祖を10代さかのぼると先祖は約千人、20代前だと約100万人、30代前だと約10億人います。そのうち誰かが欠けても今の自分はこの世に存在しないことになります。命は脈々と受け継がれていますので、どこかで無縁仏さんと繋がっていることもあり得ることなのです。ですから、自分のお墓ばかりではなく、無縁仏さまにもそっと手を合わせる優しさを持ちたいものであります。

また、この世に生まれたくても生まれることのできなかった水子は、どなたの先祖様にも必ずおられるのです。自分は無数の縁が重なり合ってこの世に生を受けたのです。そのことに感謝し、生まれることが出来なかった水子さんに思いを馳せ、水子地蔵尊にも手を合わせましょう。

無縁塔前にてお勤めをする
無縁塔前にてお勤めをする
無縁墓の前に蝋燭を灯す
無縁墓の前に蝋燭を灯す
水子地蔵尊の前で御詠歌の奉詠
水子地蔵尊の前で御詠歌の奉詠
お墓にある観音菩薩様にもご供養します。
お墓にある観音菩薩様にもご供養します。