ブログ

2018/11/07
晩秋の風景(境内、散歩コース)

桜の落葉が頻りな境内です。春に花を楽しませてくれた桜ですが、その分この季節は落ち葉掃きが大変です。桜は花びらが散った後にがくが、そして、実が落ち掃除には結構手がかかります。桜にしてみれば、それらは栄養分となるので、掃除されるのは迷惑だと思っているかも知れません。

散歩コースの岩崎川には今年も産卵の為、遡上してくる鮭の姿が見られます。鮭は北上川の河口がある宮城県石巻湾からはるばる約200㎞を遡上し、更に、北上川の支流である紫波町岩崎川の河口からさかのぼって来たのでしょう。産卵を終え、傷だらけになり、やがて死す鮭を見ると悠久な自然の命の営みに崇高さを感じます。

境内を色取る桜の葉。晩秋を感じます
境内を色取る桜の葉。晩秋を感じます
野々花も愁いの秋を感じるのかな?
野々花も愁いの秋を感じるのかな?
庫裡裏側の紅葉。ペット供養塔も紅葉に包まれています
庫裡裏側の紅葉。ペット供養塔も紅葉に包まれています
散歩コースから見る冠雪の岩手山
散歩コースから見る冠雪の岩手山
岩手山を背景に野々花を撮る
岩手山を背景に野々花を撮る
産卵の為に遡上した鮭を見つけました
産卵の為に遡上した鮭を見つけました
産卵を終え、やがて死す傷だらけの鮭
産卵を終え、やがて死す傷だらけの鮭