ブログ

2020/04/20
境内は春爛漫

年年歳歳 花 相似たり  歳歳年年 人 同じからず」

毎年、草木の花は咲きますが、その花々を見る人たちは違います。

花々もそれを愛(め)でる人たちも、年ごとに同じ花、同じ人たちではありません。

私たちは桜の花に無常を観じるが故に、こよなく桜を愛するのでしょう。

今年は新型コロナウイルス感染が拡大する中、花見の自粛が求められています。「花は来年も咲くから、今年は我慢しましょう」と。

でも、諸行無常の世にあって、来年は花を見られるという保証はないのです。今年は今年の花を静かに愛でたいものです。

最初に梅の花が春をつげます
最初に梅の花が春をつげます
池のほとりの梅
池のほとりの梅
スイセンの群生
スイセンの群生
遠くに早池峰山が見えます
遠くに早池峰山が見えます
桜をバックに野々花
桜をバックに野々花
DSC_6254
ひねもすのたりかな
春の陽射しでノビノビする
春の陽射しでノビノビする
永代供養庭園墓地も花が見ごろです
永代供養庭園墓地も花が見ごろです
庫裡の後ろ側の桜。ペット供養塔、後方には岩手山が見えます
庫裡の後ろ側の桜。ペット供養塔、後方には岩手山が見えます
ペット供養塔を囲む桜
ペット供養塔を囲む桜
標高2038メートルの岩手山
標高2038メートルの岩手山
本堂と会館を結ぶ廊下の桜
本堂と会館を結ぶ廊下の桜
境内のしだれ桜
境内のしだれ桜
ピンクの花が本堂屋根に映える
ピンクの花が本堂屋根に映える
山門にかかるソメイヨシノ。境内の桜では一番の枯木です
山門にかかるソメイヨシノ。境内の桜では一番の枯木です
雨上がりの山門前。野々花のお出迎え。
雨上がりの山門前。野々花のお出迎え。