ブログ

2015/08/17
四十八灯籠供養会

お盆の送り火の8月16日、当時では恒例の四十八灯籠供養会が厳かに行われました。新盆を迎えられた30組のご家族が参加されました。揺れ動くロウソクの炎の中に亡き人のお姿を偲び、心からなる追慕のご供養がなされたものと思います。

四十八灯籠供養会のいわれは、西方の極楽浄土をつかさどる阿弥陀如来さまが、法藏比丘と名乗って修行していた時、四十八の誓願をたてられました。一言で表せば、「この世に生きている全ての人たちが、悩み、悲しみ、苦しみから救われて、仏の世界に生まれ変わることができますように」という誓願です。

亡くなられた方は、この世に残されたご家族の幸せはもちろんのこと、この世に生きとしいけるもの全てが幸せになるよう願っております。その願いはこちら側の世界に生きている私たち仏教徒の願いでもあるのです。ですから、法藏比丘の四十八の誓願、それは亡き人の願いでもあり、私たち仏教徒の願いでもあるのです。その願いが一日も早く成就できますようにと、亡き人と残されたご家族が心を一つにして一本一本のロウソクに灯りをともしたのです。

供養会の浄行と真心は亡き人に必ず届いたと思います。

供養会の準備に朝からお手伝いして下さった近隣の方々、法要で御詠歌をお唱え下さった梅花講員皆さま方のご協力があったからこそ、今年も無事に法要を成し遂げることが出来ました。有り難うございました。

揺れ動く炎の中に亡き人を偲ぶ
四十八灯籠供養会
短くなったロウソクを取り替える
本堂はロウソクの熱でかなり暑いです