住職の徒然日記

2015/07/22
ケガをした犬

私は、朝夕犬を連れて近くの土手を散歩するのを日課としています。

そこは、大変景色の良いところですが、残念なことには河原や土手には缶、ビン、ビニール、プラスチック類、はては紙おむつまでもが捨てられていたのです。

それで、少しでもきれいにしたいと思い、ゴミを拾いながらの散歩となったのです。

そんなある日、川から流れてきたゴミを、竿の先に引っ掛けて取ろうとしたのですが、誤って足を滑らせ、川に落ちてしまいました。

その時、何を思ったのか、連れていた犬が川に飛び込み、その流れて来たゴミを口にくわえて持って来たのです。

それ以来、私と犬の二人三脚のゴミ拾いが始まったのです。  ところがある日、いつものように犬が川から流れてくるゴミを見つけ、拾おうと土手を駆け下りた時のことでした。  突然、犬が「キャーン」といってうずくまってしまったのです。  駆け寄ってみると、足の裏から血がボタボタとたれ、そばには鋭利に割れたガラス瓶がころがっていました。  犬は、痛さとショックの為か動けず、私は犬を背負って帰り、病院に駆けつけたのでした。

犬のケガは、足の裏の組織の一部が欠損したのでした。  幸いにもケガは一ヶ月ほどで治り、またゴミ拾いが出来るようになったのでした。

誰かが何気なく捨てたガラス瓶なのでしょう。  そのガラス瓶が、犬をケガさせたとは捨てた本人は知るよしもないでしょう。

しかしながら、その心ない行為が残念な結果を招いたのです。

ゴミのポイ捨ては勿論のことですが、私たちは普段生活する中で、何気ない行為や、ちょっとした言葉使いで、周りの人たちに迷惑をかけたり、いやな思いをさせることもあります。
反対に、ちょっとした思いやりで、お互いにあたたかい気持ちで暮らせることも出来るのです。

今一度、自分の行い、自分の言葉を振り返ってみたいものです。