ブログ

2019/05/13
「花祭り」

お釈迦さまの誕生は本来は4月8日ですが、当寺では一月遅れの5月8日に「花祭り」の法要を営んでおります。

きれいなお花で飾られた花御堂にお釈迦さまの誕生仏を祀り、甘茶を注いでお祝いいたします。

お釈迦さまは、お生まれになるとすぐに七歩進んで、右手で天を、左手で地を指さし「天上天下唯我独尊」と宣言されたと伝わっております。

七歩進んだのは、「迷いの世界(六道輪廻の世界)から悟りの世界に渡りましょう」と教示されているのです。「天上天下唯我独尊」の意味は、「誰しもの命は尊く平等で、それぞれかけがえのない命を持っている」という人権宣言です。

甘茶を注ぐのは、お釈迦さまの誕生を祝い、竜王が甘露の雨を降らしたことに由来しております。

正面に花御堂が飾られます
正面に花御堂が飾られます
花御堂には誕生仏が祀られます
花御堂には誕生仏が祀られます
誕生仏は右手で天を、左手で地を指さしています。
誕生仏は右手で天を、左手で地を指さしています。
お釈迦さまに礼拝します
お釈迦さまに礼拝します
梅花講員の方々による焼香
梅花講員の方々による焼香
誕生仏に甘茶を注ぎます
誕生仏に甘茶を注ぎます