住職の徒然日記

2018/06/28
今日は野々花のサービスデー

今日は野々花を楽しませようと、しばらくぶりに八幡平に行ってきました。

最初に、松川渓谷を代表する松川玄武岩の直下の清流で泳がせました。泳ぎは相変わらず下手くそで、「バシャ、バシャ」と水しぶきを立てながらの犬かきです。先代のもも子は前足を水面から出すことなく、スイスイと音を立てずに泳いでいましたから、犬にも得手不得手があるのでしょうね。それでも、野々花は早く棒を投げてと催促し、棒を回収しに楽しそうに泳いでおりました。

山からの水はかなり冷たいので、あまり長く泳がせると身体が冷えると思い、今度は、すぐ近くの「県民の森」に連れて行きました。ここは岩手山(標高2038メートル)の北側にある広いなだらかな草原で、ここでは、フリスビーで遊ばせました。

私が上手にフリスビーを投げると、野々花はジャンプして見事にキャッチしますが、下手に投げると、もっと上手に投げろというような顔をします。かって、コーギーの小梅とフリスビー大会に出場したことがありました。勝敗は人の投げ方次第によるところが大で、あまり上手に投げることが出来なかったので、成績は良くありませんでした。

棒を投げてと、催促する野々花です
棒を投げてと、催促する野々花です
投げた棒に向かって泳ぐ。
投げた棒に向かって泳ぐ。
棒を回収する。対岸は玄武岩の柱です。
棒を回収する。対岸は玄武岩の柱です。
冷たい水もなんのその、青く澄みきった清流で楽しそうに泳ぐ。
冷たい水もなんのその、青く澄みきった清流で楽しそうに泳ぐ。
フリスビーを追いかける
フリスビーを追いかける
狙いを定めて。
狙いを定めて。
ジャンプして、見事にキャッチ!
ジャンプして、見事にキャッチ!
得意満面でフリスビーをくわえる。
得意満面でフリスビーをくわえる。
岩手の霊峰、岩手山をバックにワンショット。
岩手の霊峰、岩手山をバックにワンショット。
広い草原で気持ちよさそうに寝転ぶ。
広い草原で気持ちよさそうに寝転ぶ。

 

 

2018/06/22
ふれ合い活動

過日、「おっぽの会」のふれ合い活動が、いつもの老健施設で行われました。

昔飼っていたワンちゃんとの思い出を懐かしそうに語る方、抱っこしたワンちゃんの温もりで安らぐ方、不自由な手で一生懸命になでようとする方。

ワンちゃんが苦手な方もおられましたが、ワンちゃんの好き嫌いをはっきりと言えるのも、この活動の良い点でもあるそうです。苦手だと言っていた方も、職員の方に促され、恐る恐る触って、最後はいい笑顔でなでておりました。

8月はお休みで、次回は10月ですので、それまでには、野々花にも何か一発芸を教えておきたいと思います。

膝の上ですっかりリラックスしているチワワの五郎ちゃん。
膝の上ですっかりリラックスしているチワワの五郎ちゃん。
しぐさが可愛いポメラニアンのクルミちゃん。
しぐさが可愛いポメラニアンのクルミちゃん。
お前も、「年を取ったなあ!」となでられるビーグルのクーちゃん。
お前も、「年を取ったなあ!」となでられるビーグルのクーちゃん。
抱っこされ、ご満悦のダックスのモグモグちゃん。
抱っこされ、ご満悦のダックスのモグモグちゃん。
ちょっと重たいけど抱っこされた、コーギーのアスカちゃん。
ちょっと重たいけど抱っこされた、コーギーのアスカちゃん。
芸達者なコーギーのミミちゃんは投げられたビーチボールを鼻でついて返します。
芸達者なコーギーのミミちゃんは投げられたビーチボールを鼻でついて返します。
入所者の方が投げたボールを上手にキャッチするゴールデンのアロアちゃん。
入所者の方が投げたボールを上手にキャッチするゴールデンのアロアちゃん。
なでられて、エヘヘと笑う野々花です。
なでられて、エヘヘと笑う野々花です。
本日参加したワンちゃんの集合写真。野々花、寝そべって態度が悪い!
本日参加したワンちゃんの集合写真。野々花、寝そべって態度が悪い!
2018/06/07
野々花の友だち

どちらかと言うと、犬見知りする野々花ですが、ラブラドールの「ハル」ちゃんは特別で、私が「ハルちゃんかな?」と声をかけると、「どこ、どこ」と駆けだして探しまわるのです。

「ハル」ちゃんに会うと、じゃれ合ったり走り回ったりと嬉しさを爆発させます。

人間と同じようにワンちゃんにも相性というものがあるようです。

「ハルちゃんかな?」と声をかけると、ハルちゃんを探すのです。
「ハルちゃんかな?」と声をかけると、ハルちゃんを探すのです。
ハルちゃんとお寺に戻っての挨拶
ハルちゃんとお寺に戻っての挨拶
2頭で走り回る
2頭で走り回る
喜びを爆発させてじゃれ合う
喜びを爆発させてじゃれ合う
一休みするハルちゃん
一休みするハルちゃん
思い切り遊んで、満足顔の野々花です
思い切り遊んで、満足顔の野々花です
2018/05/15
花まつり

4月8日はお釈迦さまの誕生日です。

今から約2,500年前、お釈迦さまはネパールのルンビニーでお生まれになりました。

お生まれになって、直ぐに七歩あゆんで、右手で天を左手で地を指さし「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と宣言されたという伝説が残っております。

七歩あゆまれたのは、六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上)の輪廻する世界から解脱し、悟りの世界に進みなさいという事を示しいます。

そして、「天上天下唯我独尊」のお言葉は、「みんなちがって、みんないい。生きとし生けるものすべての命がそれぞれ尊く、輝いている存在である」という意味です。

当寺では、一ヶ月遅れの5月8日に花祭りが行われました。

お釈迦さまの誕生をお祝いする御詠歌をお唱えする梅花講員のみなさん。
お釈迦さまの誕生をお祝いする御詠歌をお唱えする梅花講員のみなさん。
お花できれいに飾られた花御堂。
お花できれいに飾られた花御堂。
誕生仏が祭られています。
誕生仏が祭られています。
誕生仏に甘茶を注ぐ。
誕生仏に甘茶を注ぐ。
お釈迦さまと同じ、清らかなお心となり、無心に手を合わせる
お釈迦さまと同じ、清らかなお心となり、無心に手を合わせる
2018/05/08
八幡平の一本桜、境内の八重桜

5月5日(土)に八幡平市上坊牧野の一本桜が満開とのことで、撮影に行ってきました。

残雪の岩手山と一本桜(種類はカスミサクラ)の対比が素晴らしく、多くのギャラリーが写真を撮ったりしておりました。

当蟠龍寺では今が八重桜が咲きほこっており、一足先に散ってしまったソメイヨシノなどの桜とは、また、違った風情を楽しませています。

岩手山と上坊牧野の一本桜
岩手山と上坊牧野の一本桜
残雪の岩手山と一本桜の対比が見事
残雪の岩手山と一本桜の対比が見事
伽藍の後方から撮影
伽藍の後方から撮影
八重桜が見頃です
八重桜が見頃です
観音菩薩様を囲むように咲きほこる八重桜
観音菩薩様を囲むように咲きほこる八重桜
花に囲まれ観音様も微笑んでいるように見えます
花に囲まれ観音様も微笑んでいるように見えます
桜の回廊と野々花
桜の回廊と野々花
1 / 2812345...1020...最後 »