2020/04/20
境内は春爛漫

年年歳歳 花 相似たり  歳歳年年 人 同じからず」

毎年、草木の花は咲きますが、その花々を見る人たちは違います。

花々もそれを愛(め)でる人たちも、年ごとに同じ花、同じ人たちではありません。

私たちは桜の花に無常を観じるが故に、こよなく桜を愛するのでしょう。

今年は新型コロナウイルス感染が拡大する中、花見の自粛が求められています。「花は来年も咲くから、今年は我慢しましょう」と。

でも、諸行無常の世にあって、来年は花を見られるという保証はないのです。今年は今年の花を静かに愛でたいものです。

最初に梅の花が春をつげます
最初に梅の花が春をつげます
池のほとりの梅
池のほとりの梅
スイセンの群生
スイセンの群生
遠くに早池峰山が見えます
遠くに早池峰山が見えます
桜をバックに野々花
桜をバックに野々花
DSC_6254
ひねもすのたりかな
春の陽射しでノビノビする
春の陽射しでノビノビする
永代供養庭園墓地も花が見ごろです
永代供養庭園墓地も花が見ごろです
庫裡の後ろ側の桜。ペット供養塔、後方には岩手山が見えます
庫裡の後ろ側の桜。ペット供養塔、後方には岩手山が見えます
ペット供養塔を囲む桜
ペット供養塔を囲む桜
標高2038メートルの岩手山
標高2038メートルの岩手山
本堂と会館を結ぶ廊下の桜
本堂と会館を結ぶ廊下の桜
境内のしだれ桜
境内のしだれ桜
ピンクの花が本堂屋根に映える
ピンクの花が本堂屋根に映える
山門にかかるソメイヨシノ。境内の桜では一番の枯木です
山門にかかるソメイヨシノ。境内の桜では一番の枯木です
雨上がりの山門前。野々花のお出迎え。
雨上がりの山門前。野々花のお出迎え。
2020/04/07
新型コロナウイルスの感染収束を願って

4月3日は、聖徳太子十七条憲法が制定された日とされています。その第一条が「和をもって貴しと為す(以和為貴)」です。

新型コロナウイルスが拡大している中、感染者への差別、その家族への誹謗中傷、また、感染者の治療に当たっている医療施設や医療従事者へもそのようなことがなされています。
このような事態であるからこそ、一層思いやりの心、和の精神が大切かと思います。

思いやりの心とは、相手の立場に立って考え、行動することかと思います。そのことが、ウイルスの感染拡大を収束させることにつながると思います。

書家の松本寛章さんの揮毫には「万物和融」「疫病平癒」などと、新型コロナウイルス感染収束の願いが込められています。

聖徳太子は8人の訴願を同時に聴受できたと言われており、耳の仏と称されています。そのことに因み、今回も耳つぼアロマセラピスト;吉田由佳さんを講師にお迎えして、講演と実演が行われました。

慈覚大師御作と伝わる聖徳太子像
慈覚大師御作と伝わる聖徳太子像
耳疾患の治癒を願って奉納された穴石
耳疾患の治癒を願って奉納された穴石
雨だれ等で自然に出来た穴石が千数百個奉納されています
雨だれ等で自然に出来た穴石が千数百個奉納されています
松本氏による奉納揮毫
松本氏による奉納揮毫
「万物和融」「疫病平癒」等の文字が揮毫されています
「万物和融」「疫病平癒」等の文字が揮毫されています
松本氏と一緒に記念撮影
松本氏と一緒に記念撮影
耳つぼアロマセラピスト;吉田由佳さんによる講義
耳つぼアロマセラピスト;吉田由佳さんによる講義
松本氏によって寄進された切り絵、「桃龍菩薩」。ごみを拾う犬もも子も描かれています
松本氏によって寄進された切り絵、「桃龍菩薩」。ごみを拾う犬もも子も描かれています