2016/02/11
男の子 もも子の像に賞状を供える
カテゴリー:ブログ

今日、嬉しいことがありました。

盛岡市の小学校3年の男子生徒が「もも子のねがいをかなえたい」という題で、市内の読書感想文コンクールで入選し、その賞状をもも子に見せたいとお参りに来ました。

その男の子は、おばさんのお墓参りに来た時に、もも子の像を見つけ、「よいこのみなさんへ、ももちゃんのぞうをなでたり、乗ったりして遊んで下さいね」と書いてあったので、妹と背中に乗って遊んだそうです。その時に、お母さんからごみを拾うもも子の話を聞き、お母さんが図書館から借りてきたもも子の本を読み、応募したとのことでした。

一部内容を紹介します。

【 「ぼくにも、何かできる事はないかな。」と考えて、ごみを拾いはじめました。家の近くの土手や公園でお母さんと妹と三人で拾いました。ペットボトルや紙のごみ、たばこのすいがらなど、色々なしゅるいのたくさんのごみを拾いました。拾っていると、だんだんもも子の気持ちが分かってきました。ごみを捨てる人が多くて悲しかったんだろうなと思いました・・・・・・・・・・・・・・・・・・。もも子が亡くなった時、「もも子、毎日ごみ拾いをしてくれてありがとう。ゆっくり休んでね」と言ってあげたかったです。・・・・・・・・・】

今でも、もも子が子供たちの心に生き続け、その活動の輪が広がっている事に大変嬉しく思いました。もも子が自然環境を守ろうと健気に頑張った活動が、池に小石を投げると波紋が広がるように、もっと大きく広がることを願わずにはいられません。

「よい子のみなさんへ、ももちゃんの像をなでたり、乗ったりして遊んであげてくださいね」
もも子の像に書かれている文字
先輩犬もも子とは比べないでね!野々花。もちろん、野々花は野々花ですよ。
もも子の像で遊ぶ子供たちと野々花
子供が投げた雪玉をジャンプしてキャッチ
野々花は子供と遊ぶのが大好きです
2016/02/09
同居犬チワワ

昨年の12月中旬からチワワ2頭が同居を始めました。

長男夫婦の愛犬ハッチ(メス)と五郎(オス)ですが、今年の9月頃まで野々花と一緒に暮らす予定です。

当初は野々花を見ただけで吠えまくっていましたが、今はお互いに慣れたようです。

野々花は結構ヤキモチが強いのか、チワワを抱っこしていると、自分もしてもらいたいのか、抱っこされているチワワにちょっかいを出します。

野々花一頭だけの時は、呼んでも直ぐに来なかったのですが、チワワがいるといち早く、私の側に来るようになりました。ライバル意識があるのでしょうね。

追いかけっこを始めると、漫画のトムとジェリーを見ているようです。チワワは追いかけられると、野々花が通れない狭いところに身を隠しますが、直ぐに挑発するかのように 狭いところから身を出し、それを野々花が見つけて、また、追いかけっこが始まるのです。

左が野々花、中央が五郎、右がハッチ
同居犬のチワワ
みんな臭いをかぐのに一生懸命です
外を散歩する3頭
野々花(生後6ヶ月)で23㎏、チワワたちは約3㎏です
こんなに大きさが違います
五郎を見つめる野々花
こんな小さくても犬なのかなあ?

 

2016/01/26
朝の散歩でキツネを見かける
カテゴリー:ブログ

愛犬野々花との散歩は毎朝夕の2回です。今朝の7時頃、いつもの散歩コースの途中で一頭のキツネを見かけました。

距離にして百メートルは離れていたと思うのですが、直ぐにこちらの気配を察し、藪の中に姿を隠してしまいました。一週間位前には2頭連れを見かけたので、今朝は単独で行動していたのか、或いは別なキツネなのかは分かりません。

野々花は全く気が付かず、ボール遊びに夢中になっていました。この頃、散歩の途中、土手の上からボールを下に投げると、雪を蹴散らしてボールを回収してきます。

毎日の散歩ですが、折々の季節を楽しみ、出逢いを楽しみながら、続けて行きたいと思います。

気配を察して、すぐに藪の中に隠れてしまいました。
キツネに遭遇
キツネには気付かず、ボール遊びに夢中。
野々花、ボールを回収
種類は分かりませんが、いつもカモが泳いでいます
岩崎川ではカモが泳いでいます

 

2016/01/02
新春大般若祈祷会
カテゴリー:ブログ

新年明けましておめでとうございます。

今年一年の檀信徒皆さま方のご多幸、家内安全、家門繁栄、そして、世界の全ての人たちの平和な生活を願い、恒例の新春大般若祈祷会が元旦の午前零時から厳修されました。

この祈祷会は昭和60年から毎年続けて行われ、ついに今回で大般若経六百巻を全て転読することが出来ました。何か功徳があったかと言われますと、私は30年間無事に続けてこられたことが何よりの功徳だと思います。

参詣者には「立春大吉」と「鎮防火燭」と書かれたお札が配られます。立春大吉は厄除けと招福の祈祷札で玄関に向かって右側に、鎮防火燭は防火の祈祷札で玄関に向かって左側にそれぞれ貼り付けます。

祈祷会終了後はおそばを皆さんで頂き、新年の交流を深め合いました。

午前零時からの法要にも拘わらず多くの方々が来寺されました
読経中に焼香する参詣者
心安らかな一年となりますように!
祈祷札を頂く善男善女

 

9 / 9« 先頭...56789