2016/04/26
桜の花じゅうたん
カテゴリー:ブログ

満開だった桜もあっと言う間に散り始め、境内はまるでピンク色のじゅうたんが敷かれたように見えます。一生懸命に花を咲かせた桜は散った後も、私たちの目を楽しませてくれました。

日本人は無意識のうちに、桜の花に無常観というか死生観を重ねるのだそうです。花が咲き、はかなくもはらはらと散っていく姿にもののあわれを感じるがゆえに、桜に寄せる思いには特別なものがあるのでしょう。

「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」(年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず)という漢詩があります。毎年毎年、花は同じように咲くが、それを見る人は、年ごとに同じではない。人の世は移り変わり、生まれてくる者もあれば、亡くなる者もある。自然の悠久さと人間の命のはかなさを詠んだ句です。

難しいことはさておき、美しいものは美しい、奇麗なものは奇麗という感動の心を持ち続けて、来年も健康で花見が出来る事を願わずにはいられません。皆さま方におかれましても、今年と同じようにご健勝で花を愛でることが出来ますようお祈申し上げます。

今年は一段と奇麗に咲きました
境内の桜
山門が隠れるほどに見事に咲きました
山門にかかる桜
散った花びらが目を楽しませてくれました
花びらのじゅうたん
あっと言う間に、色あせてしまいます
山門前の花びらのじゅうたん
2016/04/19
城山公園で花見をしてきました
カテゴリー:ブログ

お寺から見る城山公園がピンク色に染まっていたので、野々花を連れて城山公園に花見に行ってきました。

桜は見頃で平日にもかかわらず、子ども連れの方、夫婦の方、ワンちゃん連れの方など多くの方々が花を愛でておりました。

かって、この城山公園で静岡県富士宮市に活動拠点を置く、ワンワンパーティクラブ主催の「ワンワンパーティー」が開催されたことや、「おっぽの会」主催のしつけ教室や清掃活動が行われたことが懐かしく思い出されました。

このような活動をするに当たっては、「おっぽの会」と城山公園を管理する紫波町役場との話し合いが持たれました。その際、会としても犬を飼養している方にマナー向上の啓蒙活動を行うので、ワンちゃんの入園を禁止しないように申し入れた経緯がありました。

城山公園はワンちゃん連れで花見が出来ますので、愛犬家には人気のスポットとなっております。

ピンク色に染まっています。昨年はウソに花芽を食べられて、このようには見えませんでした
お寺から望む城山公園
初代犬のもも子ともよく訪れました
城山公園を散歩する野々花
下方に母なる北上川が見えますて
城山公園の南側にて
かってここで、しつけ教室などが開催されました
姫御殿跡にて
今日の野々花は割とおとなしくモデルになりました
うっとりと花を愛でる野々花
2016/04/18
春爛漫
カテゴリー:ブログ

境内の桜が見頃となりました。当寺の桜の開花は、坂の下にあるペット供養塔の周りの桜、そして庭園型永代供養墓地にある桜から咲き始め、やがて本堂前に到ります。

「世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし 」。この歌は、在原業平によって詠まれたものです。
この世の中に、桜というものがなかったなら、春をのどかな気持ちで過ごせるだろうに ・・・という意味で、春の季節には、桜があるために人々の心は穏やかに過ごせない。それ程に人々の心を騒ぎ立てる力が桜にはあるという歌です。 

私は、桜が開花する前の「桜はまだかな」と言っている時が好きで、いざ咲き始めると、雨や風が花を散らすのではと心配したり、あと何日で散ってしまうかと思うと残り惜しい気持ちになってしまいます。

今年は出来るだけ、時間をさいて花を鑑賞しようと思います。

去年は小鳥についばまれて、きれいに咲きませんでした。
桜の名所城山公園も紅く染まりました
紅白の花が咲き乱れてます
本堂、庫裡の裏側
亀も気持ちよさそうです
池の桜と亀
忙しそうに花から花へと飛び回っていました
桜の蜜を求めて、小鳥がやってきます
後ろに見える小高い丘が城山公園です
庭園墓地の桜
もも子の像の側にいるのが野々花です
春のペット供養塔
2016/04/18
野々花の訪問活動
カテゴリー:ブログ

過日、盛岡市にある老人保健施設に「おっぽの会」の仲間たちとワンちゃんを連れての触れ合い活動に参加してきました。

参加したワンちゃんは、ゴールデン、パグ、ポメラニアン、ビーグル、ラブラドール、ダックス等で入所者の方々と1時間ほど楽しく触れ合いました。

野々花は、まだまだやんちゃで、コントロールするのが大変でしたが、落ち着いてくると写真のように入所者の方から、おとなしく撫でられていました。とても人好きな野々花なので、長所を伸ばして入所者の方ともっともっと触れ合えるように頑張りたいと思います。

先代犬のもも子は、いろいろな芸で入所者の方を楽しませたので、野々花も次回までには何か一つくらい芸をおぼえて披露したいのですが・・・・。

大型犬なので、入所者の方もおっかなびっくりです
野々花の触れ合い活動
みんなの人気者になるように頑張ります
優しくなでられ、満足そうな野々花
もも子はいつも穏やかで、人気者でした
初代犬のもも子
自分で枕を持って来て昼寝するもも子でした
初代犬のもも子の「お昼寝の芸」
2016/04/10
野々花、チワワの次郎くんを散歩させる
カテゴリー:ブログ

英国ゴールデンの野々花は生後8ヶ月となり、体重も26㎏を超えました。まだまだレディーとは言えず、やんちゃんな日々を過ごしています。

過日、娘がチワワの次郎くん(娘の長男の名前が太郎で、その弟分と言うことで次郎と名付けられたようです)が遊びに来ました。次郎くんは目を離すと、勝手に遠くに行ってしまうので、野々花に散歩を頼みました。

野々花は次郎くんのリードをくわえて、上手にコントロールしながら走り回っていましたが、次郎くんは面白くないのか不機嫌そうな顔つきで、しぶしぶと引っ張られていました。

家に帰った次郎くんは、ぐったりとして寝込んだそうです。

野々花、得意げにリードをくわえて散歩させる
野々花、次郎くんを散歩させる
上手にコントロールする野々花なのです
次郎くん、ちゃんとついてこいよ!
だんだんと不機嫌となる次郎くん
疲れた次郎くんを引っ張りまわす野々花
決してリードは離さない。責任感のある野々花なのです
一休みする野々花と次郎くん
綱引きは大好きな野々花です
孫と一緒に綱引き
夢中で綱引きをする野々花
子供と遊ぶのが大好きな野々花