2016/02/17
涅槃会に因み
カテゴリー:法話集

お釈迦さまが亡くなられた命日の2月15日は多くの寺院で涅槃図を掛け、涅槃会法要が営まれます。

涅槃図の中央には黄金色に輝くお釈迦さまが枕を北にして臥せられ、その周りには嘆き悲しむ天の神々、菩薩、弟子たちが画かれています。お釈迦さまのお顔だけは、穏やかな微笑みを湛えておられます。お釈迦さまのお顔を如何に安らかな表情に描くかが、絵師の腕の見せ所と言われております。

お釈迦さまの最後の説法に基づく「遺教経」というお経があります。その初めの部分に、「度(ど)すべき所の者は皆已(すで)に度しおわって沙羅双樹の間に於て、将(まさ)に涅槃に入りたまわんとす」という箇所があります。
「私は人々に教えを説き、悩みや苦しみのない安らかな悟りの世界に導いてきた。今は一切の思い残しもなく、沙羅双樹の樹の下で安らぎの世界に入ります」という意味です。更に「遺教経」の中に、「為(な)すこと無(の)うして空(むな)しく死せば、後に悔いあることをいたさん」とも述べられております。
「やるべきことをせずに空しい生き方ばかりしていたのでは、いよいよこの世からお別れするときに後悔しますよ」と喚起しております。

お釈迦さまの穏やかな微笑みは、成すべき事を全て精一杯やり遂げた思いから生じているのでしょう。

曹洞宗を開かれた道元禅師は「学人(がくにん)は必ず死ぬべき事を思うべし」と言われております。仏道を学ぶ者は、人は間違いなく死ぬのだと言うことをよくよく考えなさいという意味であります。

私たちはこの世に生きているのは当然で、死ぬのは運が悪いというか、偶然であると思ってはいないでしょうか? その証拠に、人が亡くなると「まさかあの人が」とか、「運が悪かった」と思いがちです。
しかしながら、よくよく考えてみると、実は生きていることは、様々な縁に恵まれての偶然であり、死ぬことは必然なのです。まさに「生は偶然、死は必然」ということであります。

曹洞宗でよく読まれるお経に修証義というお経があります。その中に「人身(にんしん)得(う)ること難(がた)し」という一文があります。私たちが今、人として生まれ、今このように生かされていることは、有ること難し、偶然の上にも偶然が重なった結果なのです。

私たちが生まれるためには必ず父親と母親がおります。そして、父親と母親にはそれぞれ2人づつの親、即ち4人の祖父母が、4人の祖父母には8人の曾祖父母が8人の曾祖父母には16人の曾々祖父母が、そうしますと一代さかのぼる毎に倍ずつ、2人,4人,8人,16人,32人,64人,128人,256人,512人・・・・と倍々と増えていきます。

十代さかのぼると(一代を仮に25年と計算すると250年位前)1,024人の先祖が、二十代さかのぼると100万人、三十代さかのぼると(約750年位前)と、何と10億の先祖がなければ今の自分がないということになります。

皆様の先祖がその時その時代を一生懸命生き、命が連綿として引き継がれて来たお陰なのであり、一人一人の身体にはそれだけ沢山の先祖の血が、命が受け継がれているのです。その中のたった一人でも欠けると今の自分が無いことになります。
まさしく「人身得ること難し」であります。ですから。今ここに生きておるということは本当に難値難遇の出来事であり、「有ること難し」なのであります。

涅槃会に因み、、改めて命というものを見つめ直し、今を生かされている自分、今を生きている自分を自覚し、一時一時を、日々を一生懸命に、そして丁寧に生き切るということを誓いたいものであります。

最後に、涅槃図のお釈迦さまのお姿を自分の亡くなった時の姿に置き換えて見て下さい。

その時に、自分が微笑んで、周りが悲しんでくれているでしょうか?

それとも、自分が死にたくないと嘆き悲しんでいるのに、周りが笑っている・・・・。それでは、あまりにも寂しい人生ですね。

お釈迦さまのように自分が微笑み、周りが嘆き悲しむような生き方を
当寺の涅槃図
2016/02/16
涅槃会行われる
カテゴリー:ブログ

2月15日はお釈迦さまが亡くなられた日で、当寺でも涅槃図を掛けてご供養が行われました。

涅槃図の中央には北枕のお釈迦さまが伏しておられ、その周りには嘆き悲しむ弟子たち、天の神々、多くの動物たちが画かれています。お釈迦さまのお顔だけは安らかな、むしろ微笑んでいるように見受けられます。

お釈迦さまの最後の説法を元に作られた「遺教経」というお経の中に、「為すこと無(の)うして空しく死せば、後に悔いあることをいたさん」という箇所があります。「やるべきことをせずに空しい生き方をしていたのでは、この世からお別れする時に後悔しますよ」という意味です。

お釈迦さまは、人々の苦悩を救わんと全精力を傾け、この世でやるべき事は全てやり遂げたからこそ、あのような穏やかな表情をなさっているのだと思います。

ある国の諺に「生まれてくる時は、自分は泣いて生まれてくるが、周りの人たちは笑って祝福してくれる。死ぬ時は、自分は笑って、周りの人たちが嘆き悲しむような生き方をしなさい」というのがあります。正に、その通りだと思います。

その逆で、 「死ぬ時、自分が嘆き悲しみ、周りの人たちが、陰でこっそりと微笑み祝福する」。あまりにも悲しい生き方ですね。

少しでもお釈迦さまのお心に近づき、私たちも亡くなる時には、周りの人たちが悲しんでくれるような生き方を心掛けたいものであります。

涅槃図を掛けてご供養します
当寺の涅槃会
お釈迦さまを偲び、無心にお唱えしています
梅花講員による詠讃歌奉詠
涅槃図には様々なエピソードが込められています
涅槃図の解説をする
2016/02/11
男の子 もも子の像に賞状を供える
カテゴリー:ブログ

今日、嬉しいことがありました。

盛岡市の小学校3年の男子生徒が「もも子のねがいをかなえたい」という題で、市内の読書感想文コンクールで入選し、その賞状をもも子に見せたいとお参りに来ました。

その男の子は、おばさんのお墓参りに来た時に、もも子の像を見つけ、「よいこのみなさんへ、ももちゃんのぞうをなでたり、乗ったりして遊んで下さいね」と書いてあったので、妹と背中に乗って遊んだそうです。その時に、お母さんからごみを拾うもも子の話を聞き、お母さんが図書館から借りてきたもも子の本を読み、応募したとのことでした。

一部内容を紹介します。

【 「ぼくにも、何かできる事はないかな。」と考えて、ごみを拾いはじめました。家の近くの土手や公園でお母さんと妹と三人で拾いました。ペットボトルや紙のごみ、たばこのすいがらなど、色々なしゅるいのたくさんのごみを拾いました。拾っていると、だんだんもも子の気持ちが分かってきました。ごみを捨てる人が多くて悲しかったんだろうなと思いました・・・・・・・・・・・・・・・・・・。もも子が亡くなった時、「もも子、毎日ごみ拾いをしてくれてありがとう。ゆっくり休んでね」と言ってあげたかったです。・・・・・・・・・】

今でも、もも子が子供たちの心に生き続け、その活動の輪が広がっている事に大変嬉しく思いました。もも子が自然環境を守ろうと健気に頑張った活動が、池に小石を投げると波紋が広がるように、もっと大きく広がることを願わずにはいられません。

「よい子のみなさんへ、ももちゃんの像をなでたり、乗ったりして遊んであげてくださいね」
もも子の像に書かれている文字
先輩犬もも子とは比べないでね!野々花。もちろん、野々花は野々花ですよ。
もも子の像で遊ぶ子供たちと野々花
子供が投げた雪玉をジャンプしてキャッチ
野々花は子供と遊ぶのが大好きです
2016/02/09
同居犬チワワ

昨年の12月中旬からチワワ2頭が同居を始めました。

長男夫婦の愛犬ハッチ(メス)と五郎(オス)ですが、今年の9月頃まで野々花と一緒に暮らす予定です。

当初は野々花を見ただけで吠えまくっていましたが、今はお互いに慣れたようです。

野々花は結構ヤキモチが強いのか、チワワを抱っこしていると、自分もしてもらいたいのか、抱っこされているチワワにちょっかいを出します。

野々花一頭だけの時は、呼んでも直ぐに来なかったのですが、チワワがいるといち早く、私の側に来るようになりました。ライバル意識があるのでしょうね。

追いかけっこを始めると、漫画のトムとジェリーを見ているようです。チワワは追いかけられると、野々花が通れない狭いところに身を隠しますが、直ぐに挑発するかのように 狭いところから身を出し、それを野々花が見つけて、また、追いかけっこが始まるのです。

左が野々花、中央が五郎、右がハッチ
同居犬のチワワ
みんな臭いをかぐのに一生懸命です
外を散歩する3頭
野々花(生後6ヶ月)で23㎏、チワワたちは約3㎏です
こんなに大きさが違います
五郎を見つめる野々花
こんな小さくても犬なのかなあ?